Jan 18, 2008

ZL 車検

ZLが車検を迎える。しかしこの寒さ、エンジンに火を入れてやるのも億劫になる。

若かった頃は夏の混雑した道路より、空いている冬の方が好きで、サルのように毎週、目的もなく走っていた。中でも真冬の箱根ターンパイクは大好きだった。路面が凍結していると閉鎖されてしまうが、閉鎖されてなくても、所々凍結していた。そこを避けながら走る。アホだ。帰りに銭湯で温まる。しかし、いつも湯冷めしてしまい、家に着くと同時に風呂に入り直していた。ホント、アホだ。
寒い冬、信号待ちの度にエンジンに触って指を暖める。こんな事でも相棒のオートバイが愛おしく思えたりした。〜〜〜若かったなぁ、、、。

で、車検の為にエンジンをかけようとするが、コイツ、2週間も放置プレイをするとすぐにへそを曲げ、エンジンがかりにくくなる。冬場は1週で愚図る。全く手の掛かるヤツ。先日は家を出て直ぐに止まってしまった。セルを回すがそのうちバッテリーがへたる。家まで歩いて戻れる距離だが、猛烈な上り坂なので、乾燥重量230kg(&シャフトドライブ)の車体を押して戻るのは不可。バッテリー充電器を取りに戻り、近所のそば屋でコンセントを借りて直結!!!!
エンジンかからず。こりゃプラグだ。しかし、もうすぐ日が暮れるし翌日からは仕事がある。仕方ないので、近くのバイクショップに電話して引き取り&メンテをお願いした。ムムム、、こう言いたくはないが、要はカネで解決させてしまった。何だか罪悪感を感じる。しかし今後の為に、地元のバイクショップを少しは潤わせてあけないと、、なんてオトナな言い訳もアリ。

ZLがゴキゲンになって戻って来て3週目、先週は元気にエンジンがかかったが、今週早くも機嫌が悪い。またプラグをかぶらせてしまった。チョーク引き過ぎか?
今度は自分で直そうとするが、ワイヤーブラシが無い。職場に持って行ってしまった事に気付く。紙ヤスリで行けるでしょ、、と思ったが、セルを回すと4発中の1発しか爆発しない。
ありゃりゃ、ブラシを買ってまた来週にと、、、顛末を修サマに報告すると、プラグの買い替えを勧められた。
待てよ、そう言えば、スペアー用にイリジウムプラグをストックしてあったんだ!
_| ̄|○

No comments: