Aug 19, 2008

初期不良

先週、エアコンの修理をお願いしました。作動させるとウィ〜ンと大きな音がして、3分程で治まっていたのですが、今年になり、ずっとウィ〜ンの状態でしたので会話も出来ません。我が家ではあまり夏場はエアコンを使いませんが、今月は来客が多く、コレじゃさすがに失礼な状態です。
業者さんに見ていただくと、パッキンがずれていてファンにぶつかって音が発生していたようです。……初期不良でした。修理してからのその静かさは運転している事を気付かせない程です。
初期不良で思い出したのが、、、一人暮らしを始めた最初の冬、暖房器具として買ったのが、当時まだ馴染みの無かったオイルヒーター。空気が汚れず、ポッカポカと云うふれこみを信じ、「これで冬でも部屋の中ではTシャツ1枚だ!」と北欧のような生活を想像していました。しかし、温度を最強にしても全く部屋の温度は上がりません。それどころか「フィンは高温になるので小さな子供が触らないよう注意して下さい、、、」などと書かれているものの平気で触れます。「ちくしょう!オイルヒーターなんてこんなモノか」何も疑う事無く、毎日オイルヒーターを抱いて過ごしました。
春が近づく頃、作動しなくなり、修理をお願いしました。「直りました」と修理のおじさんが電源を入れると、フィンがモワモワと熱くなっています。ビックリしておじさんに説明すると、、、初期不良だったようです。
その冬は暖房なしで過ごしたようなものでした、、、。

No comments: