Dec 3, 2009

ウェルダー縫製

最近、ゴアテックスのナイロンジャケットを買ったのをきっかけに、ウェルダー縫製についてとても気になりはじめました。
バッグ業界に長くいると、ウェルダー縫製は、キャラクター商品に多い、ビニールの安物ポーチぐらいにしか使われないような、いわば、「安物バッグの縫製」程度にしか思っていませんでしたが、生地に針で穴を開けない事から、防水性に優れているんですね。でも、普段、糸と針を使う事を生業としている者にとっては、強度がとても心配です。このジャケット、ファスナーポケットなんかもウェルダーで縫製してあるんですが、大丈夫なの?しかも、ボクの買ったジャケットは縫製部分の縫い代は1.6mmだそうで 、、、ホンマかいな !?(当然縫い代はテープで隠されていますので見ることはできません。) ファスナーは止水ファスナー(ファスナーの裏面にポリカーボネートをコーティングしたモノで、コイツを裏表(ウラオモテ)で使います。)が使われており、コーティングしてある分、スライダーの引きが少し渋いのです。使っていればそのうち軽くなるとは思うのですが、それを超えると、コーティングが剥がれてきます。小心者なのでポケットはなるべく使わないようにしよう、、、前ファスナーはできるだけ閉めないようにしよう。なんて防水加工のジャケットとしては本末転倒な事になってます _| ̄|○

ウェルダー関連が気になりはじめ、コレも気になってます。

No comments: