Jun 27, 2011

車検

車も車検が近づいてきまして、、、
9年も乗っていればゴムのホースやブッシュ類は殆ど交換ですが、こんなに沢山の交換が必要といわれたのは初めてです。バイクならディスクパッドなんか自分で交換出来ちゃいますが、車はジャッキアップしなければならなく、出来なくもないのですが、面倒くさくて、、、、結局すべてディーラーさんに丸投げ!
下がその見積もりの抜粋です。

オイルエレメント交換
ブレーキオイル交換
エアーエレメント交換
PVCホース交換
ラジエーターキャップ交換
リアブレーキパッド&左右ディスクローター交換
リア左右スェイバーリンク交換
リア左右バンプストップラバー交換
フロント左右ウィンカーバルブ交換
スパークプラグ交換
パワステプレッシャースイッチ交換
タペットカバーパッキン交換
エアコンフィルター交換
オートマソレノイドパッケージ交換
右デフサイドシール交換・ハウジングシール交換

などなど、、。

ディーラーでの見積もりは36万円!!(涙) 買い替えるつもりは全く無いのでそのままゴー!

運良く、車を持ち込んだ日にクーラントが漏れているのを発見。もしかしたらウォーターポンプも交換か???とビビりましたが、コレは大丈夫だったので、50万円超えは間逃れました、、、ホッ、、。 

車を引き取り、自宅に戻る途中、異音に気付きました。走っていると何かが引っ掛かっている感じがします。サイドブレーキを完全に下ろさず走っているような、、、。また、それとは別に、ステアリングを回すと右ディスクローターが何かにぶつかって擦れる音がしてきます。タイヤのローテーションをしてもらったけれど、ディスクローターは関係ないし、ディスクパッドの交換はリアだけだし、、、結局ディーラーに電話をし、見に来てもらいました。やはり異音が確認出来ましたとの事、直ぐに持ち帰っていただき、再度入院です。まぁ、平日は殆ど使わないのでかまいませんが、、、。

Jun 20, 2011

127時間 観てきました

127時間を観ました。
生きるか死ぬか、究極の選択を迫られた時に、その時自分はどうするか?
キャニオンランズの美しい自然も楽しめるし、単純なストーリーなので退屈させません。何しろ出演者が少なく、名前を覚える事に苦労しないので集中できます(汗)。
実は、97年の9月に新婚旅行に行った際、この舞台となった場所の近くに泊まった事がありました。
新婚旅行は西海岸の国立公園、いわゆるグランドサークルをレンタカーで周遊しました。何日目かの目的地がアーチーズ国立公園で、宿泊地としてMoabを予定していたのですが、丁度MTBの大会だったようで、モーテルはどこも満室。で、グリーンリバーという隣町で宿をとったんですが、そのグリーンリバーという町が映画でも出てきました。懐かしい、、、。
アーチーズでは、日の出と日没が人気の時間帯ですが、僕たちは日没を見入る事ができました。その後、当然回りは暗くなってきたので、さあ帰ろうと車の鍵を探すと、、、無い!
車の中に鍵を入れたままロックしていました。辺りは殆ど真っ暗。日本のように街頭なんて殆どありません。アーチーズに来ていた人達も片っ端から(僕たちに関わりたくないかのように)帰路に着いていきます。どーしよ?という時に助けを求めたのが、フロリダからバンで旅していいるという10人ぐらいの学生たち。一番近いガスステーションまで乗せてもらい、そこからAAAを呼んでもらい、ロックを解除してもらえました。
今思うと、高卒のヘッポコ英語でよく会話が出来たな、、、と。

127時間、ココに本人出演のドキュメントあり。(6本)映画はほぼ忠実に再現してますな。でも、本人の方がイケメン。



先日ゾロ目になったBuell。パチンコだったらスゴい事になってた?

Jun 2, 2011

まだ筋肉痛です。

被災地でのボランティア活動は、バス1台約40人で参加しました。現地到着後、5班に別れ近くのエリアで別々の作業をしました。
ボクの1班は農家でのビニールハウス内に被われた、ヘドロを掻き出す(というか、剥ぎ取る)事と、敷地内にある側溝のヘドロを掻き出す作業です。このエリアは海岸から2.5Kmで、津波は1M程の高さまで押し寄せてきたそうで、納屋の壁には津波の痕がくっきりと残っています。ビニールハウスの中には沢山の松ボックリが散乱していたのがとても異様でした。ハウス内に積もったヘドロを掻き出すと、うっすら重油の臭いがします。いつかまた枝豆を植えようとしている農家さんにとって、とても気の毒で胸が痛みます。
朝、8時頃から作業に取り掛かり、1時間程で滝のような汗が吹き出しました。ゴム手袋を外すと、中から汗がゴボゴボ流れてきます。正直、キツい仕事です。男子でもキツいのに、女子も一生懸命頑張っています。ミミズや虫が出てきても、何も言わず黙々と作業を続けています。こういうボランティアに参加している人達の意識の高さが感じられました。

帰りのバスの事もあり、作業は4時半までという事が予め決められていたので、まだ全てを終えられずに撤収という事になってしまい、消化不調な仕事となってしまいましたのが心残りです。
作業した地域は集団避難地域に指定されているようで、ボランティアも初めて入ったようです。他の班では町内会長さんが涙を流して喜んで頂けたと聞きました。そんな話を聞くと来て良かったと、、。

帰りはコーディネーターさんのナイスなアイディアでスーパー銭湯でリフレッシュしてから一路東京へ。バスの中では疲れていながらも、全く眠れず、iPodでずっとお気に入りの音楽を聴いていました。特にこの2枚はグッと来ました。