Jul 19, 2012

GREGORY Alpaca 22


フリーになってから、仕事のやり方が変わり、クライアントによっては、かつての職場では作業出来ない仕事も受けています。そういうお仕事は自宅でやる事になりますが、いちいち送っていたりすると、個人事業主にとっては、送料もバカになりません。今までは大きなトートバッグに詰め込んで持ち帰り、週2日の出社日に持参するスタイルでしたが、さすがに重い!何とかならないか?と思い付いたのが、ローラーダッフル。自分用には持っていませんでしたが、確実に楽になるだろうなぁ、、、でも、楽をし過ぎて今度は荷物を持たなくなってしまうんじゃないか?なんて事も危惧してしまいます。まぁ、旅行用にあってもいいかな?という事で、物色してみました。

選考ポイントは、できれば機内持ち込み可能サイズで、キャリーシステムが頑丈で、修理が可能。荷物の量によりコンプレッションできるようなソフトケース。室内に仕切りが少なく、大物をザクザク入れられるような1室仕様をです。
いかにもビジネス用って外観の TUMI や カッコいいけど、BRIEFING はパス。リモア等のハードケースもパス。となると、スポーツ系のブランドに絞られてきます。といっても、BURTON や PATAGONIA も外観でパス。候補としては、THULE.  NORTH FACE.  GREGORY. の3点。THULE は仕切りが沢山つき過ぎてパス。NORTH FACE はキャリーシステムが頑丈そうで良かったんですが、ナント、「キャリーシステムの修理が出来ない!」 と店員さんに言われ、ビックリしてもう一度聞き直してしまいました、、、で、パス。Gregory Alpaca 22 は機内持ち込みサイズに5センチオーバーなスペックなのがマイナスでしたが、その他のポイントがマイナス分をカバー出来るほどのデキだったので、決めてしまいました。


某スポーツショップから頂いた20%Off のDMでお安くゲット。ラス1の展示品でしたが、1回使えば同じ同じ。さっそく使ってみましたが、、、通勤電車内ではやはり気を遣ってしまいます。当然、混雑したところでは、回りの人に迷惑になるので手に持って歩きます。電車内でもひたすら「空き地」を探し回り、、、結局降りるまで抱えて持ち続けていたという始末、、、何やってんだwww
でも、地上に上がれば快適そのもの。ローラーの音も他社のモノより静かです。ハンドル巾がとても広いので、後ろ手に引っぱる時に、端を持てば、体とのオフセット量がほとんど無く、すれ違いの時など、あまり気になりません。本体室内は細かな仕切りなどなく、1室で広々。開口も充分で、モノをガンガン入れられます。
ほぼ理想のダッフルをゲットでき、繁々と細部の作りを確かめつつ、ふとハンドル付け根のパーツを見ると、ネジが1つ付いていない事が判明。販売店に電話してみると、購入店舗ではなく、職場近くの店舗での新品交換に対応していただけました。良い対応!さすがです。
ネジが!!

No comments: