Jan 27, 2014

豆乳アレルギー

数年前に自分が「豆乳アレルギー」持ちである事を知りました。
よく飲む機会がある200mlのパック豆乳を飲んでも全く問題は無いのに、1Lパックを買い、コップで2杯飲むと目の周りが腫れる発症が発症してしまいます。この時は「量」を気にすれば大丈夫とアレルゲンには全く気にしていませんでした。
今日、某コーヒーショップにてソイラテを飲みました。いつもはショートサイズをオーダーするのですが、フリークーポンを持っていた事もあり、グランテなどをオーダーしてみました。グランテといえども、豆乳は200mlも入ってはいないだろうと思ってましたが、、、半分ぐらい飲むと、目の周りが腫れてきました。
すぐに飲むのを止めましたが、5時間経ってもまだ多少の腫れがあります。
考えてみると、豆腐や納豆(最近、匂いが嫌いで食べていなかった納豆を40年ぶりぐらいに食べ始めました)大豆料理をいくら食べてもこんな症状は出ないのに、どうして豆乳だけに反応するのか?そもそもアレルゲンは何なのか?

やっぱり同じ症状の人はいるようです。
国民生活センターでは、納豆や味噌、醤油といった大豆製品では症状が出ないが、加工の程度が低い豆乳などでアレルギー症状が出てしまう原因は、これまで大量の大豆製品を摂取してきたことによるものではなく、カバノキ科の花粉に含まれているアレルゲンタンパク「Pathogenesis-related protein 10(PR-10)」と似たようなアレルゲンが大豆にも含まれているために(大豆のPR-10アレルゲンタンパクは「Gly m 4」と呼ばれている)、カバノキ科花粉症患者の一部が豆乳等を飲んだ時に交差反応でアレルギーが発症してしまう可能性があるとしている。
なるほど、ここ2〜3年は黒豆茶のおかげで、春の花粉症の症状が劇的に改善されたのですが、まだまだ油断禁物のようですな。
なんか、大人に待ってもアレルギー持ちなんてコッパズカシイのですが、「そば」のアレルギーも持ってます。
ソイラテをオーダーすると、カップにこんなシールを貼ってくれます。
スタッフがサーヴする時の識別用だと思うのですが、色がかわいくてお気に入りです。


No comments: