Oct 26, 2015

後付けビート

浴室の扉のパッキンのカビがなかなか取れません。
カビ取り洗剤で何度挑戦しても、樹脂の奥深くにまで入ってしまった黒いシミのようなカビは取れなく、半ば諦めていました。
ならば交換できないのか?と思い、TOTOのHP等いろいろ調べましたが、浴室扉の型番からも出てきません。そもそもそのパーツの名前もわからない。
で、チマチマ検索していたら、そのパッキンは「後付けビート」ということがわかりました。

メーカーはトステムでしたが、大した問題は無いと思います。(色がtotoが白であるのに対しトステムはアイボリー気味。でも全く気にならない程度です。)
サイズがたくさんあり、扉のクリアランスを計っても、キツ目のほうがいいのではないのか?と考えてしまいます。
で、もともと付いていたビートの断面と同じ形状をした4mmをオーダーしましたが、取り付けると若干小さい気がしたので、6mmを9M再注文。今度は若干キツ目でしたが問題なくフィット。次回は5mmを注文すればOKね。
扉は新品のようになり、早くも年末の大掃除を終えた気分。
4mmのビートはそのまま捨ててしまい無駄なことをしてしまいましたが、それでも2000円でこれだけの満足度はとてもオススメだと思う。(間違えなければ1000円で済みますね。)

パッキンを替えただけで、新品のような扉になりました
取り外したビートの裏側は想像以上に汚れており、
モザイクなしではお見せできません。


No comments: