Oct 30, 2015

コバ塗り機のその後

ぬこんな駄ブログでも、検索で訪れてくる方がいらっしゃり、その検索ワードの上位に「コバ塗り機」があります。
そんな方々に参考になればと思い、アップした後の「コバ塗り機」事情をお知らせします。

戸車をコバ塗り機として使っていましたが、何回か使っているうちに、ローラーの回転が鈍くなってきました。樹脂のローラーと金属のシャフトに塗料が入り込み、洗い流せなくなってしま
ったのか、または、シャフトや台座が鉄製ということで、サビてしまったのが原因かもしれません。
で、ステンレス製の戸車に買い換えてみました。
なかなかスムーズです。戸車の自重が増えた事もあり、使っている時の安定感も増えました。
ローラーの幅が狭いという根本的な不満はありましたが、そもそも、あまりコバ塗りをしない仕事なので、切羽詰まった必要性も感じていない状態でした。

先日、色々とお付き合いのあるセレクトショップから、A4サイズのファイルバインダーの白い革カバー(文庫本カバーみたいなモノ)を30個もオーダーを受け、コバをキレイに仕上げるには「戸車コバ塗り機」では役不足な気がしてきました。
「下塗り」「塗料」「仕上げ」、最低3種類のコバ塗り機が要りますが、1台1万円も出せません。で、見つけたのがコレ。


黒い方は$5.99 青い方は磁石で取り外しできる中蓋付きで$14.99 
このセラーは香港からの発送で、なんと送料込みの値段でした。

このコスパは何でしょう?仕入れて売ろうか?と思ってしまいます。
中国製なので、プラスティックには小さなキズがアチコチ見られますが、機能には全く問題ありませんし、1回使ってしまえば気にもなりません。
青い方はローラーが金属製、黒はプラスティック製。黒のローラーを回すとコキコキと音がして可愛いのですが、作業に支障をきたすことはありません。
青の中蓋は、位置をズラして塗布する液量を調節することができますが、中蓋の無い黒い方でもビニールテープを貼ってで代用することもできます。
今後買い足すなら黒い方で充分ですね。
黒3台、青1台買って約3,900円でしたが、とても満足しています。
これで戸車とはお別れか?

No comments: