May 23, 2016

映画を何本か観ました。

​今年のアカデミー作品賞、脚本賞受賞作品映画「スポットライト」を地元の映画館で観てきました。
主演のマイケル・キートン以外は僕が知っている俳優さんがが出てなく、もちろんドンパチ、ドッカーンも無い、いわゆる告発ものという地味な映画ですが、そのストーリーだけで充分楽しめました。
ボストン・グローブ社の「スポットライト」という5人のコラムチームが、どのようにしてにカトリック教会という世界的な巨大組織の隠蔽に挑み、告発していくかが見ものです。
9.11の事件に重なっていた事もあるかもしれませんが、こんな大きな事件があった事に驚きましたが、キリスト教の恥部を晒け出すような作品が、アカデミー作品賞を受賞してしまう事にも驚きました。まぁ、アカデミー会員の殆どがユダヤ教であるというのが1つの要因であるかもしれません。

この映画を観ていて思い出したのが、最近録画しておいた映画「インサイダー」でした。
タバコ会社の役員でありながら、突然クビにされてしまい、解雇されてもなお機密保持契約を結ばされているにもかかわらず、会社の不正をテレビ番組に告発しようとする1人の男と、告発に協力し、番組として放送しようとするが、告発されたタバコ会社からの告発を避けようとするテレビ会社のスタンスに葛藤する番組プロデューサー。巨大組織に挑む2人の葛藤を描いたストーリーが地味ながらグイグイと引きつけます。
歳をとったせいか、最近はこういう地味ながらストーリーでじっくり引き込む映画が好きになりました。

もう一本DVDで観たのが、先日もブログに書いた「プリズナーズ」の監督「ドゥニ・ヴィルヌーヴ」の過去の作品「灼熱の魂」です。
もともとは戯曲で、日本でも舞台公演があったようですが、映画作品さえも知りませんでした。
謎の過去をもつ女性が男女の双子に残した遺書から始まる壮絶な物語。
亡くなった女性の若い頃の話や、子供達の現在の話が交錯し、予備知識が無いとかなり理解しにくいシナリオですが(しかも、亡くなった母親と娘が似ているし)、ネタバレだけは避けて観ていただきたいです。
ネタバレ無しの予備知識はここ
終盤のセリフに出てくる「1+1=1」という謎掛けが解けた時の衝撃は頭の中を真っ白にさせてしまいます。

「スポットライト」の内容はドキュメンタリー作品「フロムイーブル」という映画もあります。DVDで是非観ましょう。

No comments: