Feb 1, 2018

iPhone バッテリー交換

自分が3年以上使っている iPhone6、OSを11に上げた途端に動作が鈍くなり、電池の消耗も激しくなりました。coconutsBattery というソフトで診てみると充電回数は 800回(ネットでは600回が限界値とか?)を超えており、そろそろ買い替えか?と思っていたところ、アップルからバッテリー問題が勃発!
自分も当事者であることが判明し、俄然とヤル気が出てきましたw
アップルのHPで予約し、イザ、表参道のアップルストアへ!

最初に解析ソフトを使い、ブルートゥース経由でバッテリーの診断をされました。診断結果のグラフを見て「まだ交換する状態には至っていない」と予想外の判断。
でも、寝る前に90%だったバッテリーが朝起きると15%になっている症状や、プッシュ通知、アプリのバックグランド更新、OSなどの自動ダウンロードをOFFにし、省エネな使い方をしている事を説明するも、「変なソフトが悪さをしているかもしれない」と食い下がるw  (もしかし安易にバッテリー交換をさせないようにしているのではないか?と疑心暗鬼になる、、。)一旦工場出荷状態に初期化して、バックアップから復元せずに、新しいiPhoneとしてもう一度設定して使ってみてくれと言われてしまった。何とも気の遠くなる事かw 結局その日はそのまま持ち帰る事になりました。
工場出荷状態に戻し、敢えて再設定はせずに一晩過ごしてみたら、、、翌朝のバッテリーは残量は15% やっぱりバッテリーじゃないか!!

で、今度は車で20分ほどで行ける、ららぽーと横浜にあるアップル認定ショップに予約を入れました。
表参道と同じように解析ソフトでバッテリーの診断をされました。当たり前だけど、結果は同じような結果のグラフです。でも充電回数などを踏まえ、バッテリー交換したほうがいいとの判断になりました。
代金 3,456円。所要時間30分ほど、行ったその場で交換してもらえたので助かりました。
バッテリーの減り具合は当たり前だけど普通に良くなりましたし、動作速度もiPhone6 本来の速さに戻りました。

バッテリー交換後は当たり前ですが充電回数は0
交換前の解析 充電回数は800回を超えています

Jan 30, 2018

PT クルーザー プラグ交換

車に乗っていて、信号待ちの時などで止まっている時、アイドリングの「咳き込み」を感じるようになりました。
何だろう?と考える間も無く「プラグだな」と予想。
車は全てディーラー任せにしているいいお客様(いいカモ)なので、6万キロ走っていて自分でプラグ交換した記憶もない。整備記録にも載って無かったと思う、、。
早速適合プラグを探そうとするも、付いていたプラグは何とチャンピオンw  適合する日本製は、、、NGKには無いwww
ググってみると、DENSOのイリジウムが良いらしいのでさっそくポチり。届いても1ヶ月ほど得意な放置プレーw 寒いし「何かのついで」みたいなキッカケがいるなぁ、、。

今日、外出から戻り、外でグラインダーで革の研磨の仕事をし、ホコリだらけになったた勢いでプラグ交換!
インマニが邪魔して簡単にはアクセス出来なかったけれど、何とか交換終了。
エンジンをかけてみると何かおかしい。振動がひどく、パワーも無い。
インマニの取り付けが不備で二次エアを噛んでいるのか?近所を一回りしてみるも、次第に酷くなる感じ。
日も暮れかかり、気温も低くなってどうしようかと迷ったが、とりあえずまたインマニをあげてチェック、、、⁉️   何たる不覚、インマニに隠れて1番届きづらかったシリンダーのプラグキャップが差さっていなかったwww
差し直してからは見違えるようなジェントルなアイドリング。  咳き込みの症状もありません。本当はプラグコードやインマニのパッキンも交換しなきゃいけないんだろうけれど、今回はこの辺で許してください、、、。





それにしても、こんなになったプラグ、見たことありませんwww

Sep 12, 2017

DYSON DC05 修理

すかれこれ20年近く使っていた DYSON DC05 Lime Hard Floor が逝ってしまいました。
20年近くも使っていたのだから家電としてはとても優秀でしょう。
でも、なんとか直して使いたいので、とりあえず日本の販売元にメールで相談しました→リプレイスパーツがないので修理は不可。その代わり「お得な買い替えサービスと、無料下取りサービスがあります」とのこと。どのぐらい”お得”か聞いてみると、アマゾンの値段とほとんど変わらず、しかも、3機種ぐらいしか選べられない。→ 却下

とりあえず、壊れたDC05を自分で修理する方向を探ってみました。
まずは分解です。ネットで分解方法を検索すると、いくつかヒットしました。

https://www.youtube.com/watch?v=qdwHdHCNjMo

キモはタイヤの外し方と、そのタイヤの裏に隠れたネジをタイヤより先に外すことでしょう。
単純な構造なので、5つのネジを外すとすぐに分解ができちゃいました。
コードリールからモーターに繋がるコネクターが焦げてます。多分モーターが逝っちゃってるようです。
で、モーターを取り外し、写真を撮ります。(これまでの経緯も写真を撮り、配線等をバックアップしておきます)このモーターと同じものを手に入れられればDC05は再起動してくれるでしょう。




イギリスのブランドらしく、モーターを検索すると、イギリスのスペアパーツを扱うサイトが多くヒットします。
http://www.espares.co.uk/search/mo420497pt1574/vacuum-cleaners/motors/dyson/dc05-absolute

いくつかのサイトで得られた情報を整理すると、、、どうやら、DC05にはパナソニックとYDKというメーカーのリプレイス品があり、我が家のモーターはパナ(ソニック)製のようです。しかし、パナの同じ型のモーターも、そのリプレイス品も、すでに供給は終了しているようです。
さあ、どうするか??? manchestervacs.co.uk というサイトに質問してみました。
翌日返ってきた答えは、YDKのモーターに合うようにするコンバージョンハウジングを買うことしか無いようです。このハウジング、なんと紫色しかありません。しかもハウジングだけで約50ポンド(約7,00円)、モーターが33ポンドなので両方買って送料込みで134ポンド(約20,000円!!!)
諦めがつきました。

先日、平日の空いた時間に、家電量販店へ掃除機を見にいきました。
店内はガラガラなので、メーカーの派遣店員さんがべったり付いてきて、アレコレ説明してくれました。
まぁ、最近の商品の機能はスゴイです。充電式でも仕事量はキャニスター式とほぼ同じ、そしてすごく軽い。スティック型でも自立するし、スイッチを入れると、自走し、勝手に前に進む。立てて手を離すと勝手にモーターが止まる。リチウムイオン充電池はカセット式なので、目障りな本体をコンセントの近くに置かなくても大丈夫、、、、等々(ちなみに、シャープの派遣さんでした)
でも、昭和の古い人間なので、機能が多くなると故障も多いんじゃ?と勘ぐってしまいます。事実、おじさんは「耐久年数は5年」と言い放ち、20年近く使った我が家のDC05を「さすが当時のダイソンさん」と褒めてました。

ということで、当分我が家は箒で掃き掃除。まだまだ掃除機選びは続きます、、。

Jul 29, 2017

クレジットカードの不正利用

一昨日、〇〇銀行から5,564円のデビッドカードでの引き落としがあったとメールが来ました。
全く身に覚えがなく明細を見てみると、取引先は海外の.comサイト、利用通貨はBRLとなっているので、ブラジルレアルってこと?
すぐに銀行の「不正利用緊急ダイヤル」に電話したものの、結局はカードを止めるか止めないか?の選択を聞かれるだけだったが、近いうちに入金される懸案があったのでとりあえず止めないでおいた。
このカード、ほとんど使っておらず、使うのは入金や支払いだけでクレジットカードとしては使った記憶がない。ましてや、このカードでネットの買い物に使うことなどない。
今日もまた「2円」のデビッドカードでの支払いがあったとメールが来たので、さすがに止めてもらった。
過去にさかのぼって調べてみると、この海外の.comサイトからは5月から取引があり、最初は1USD(113円)引き出して1USD(113円)入金され(プラマイ0)、BRLでも同じような取引が3件ぐらいあり(ここら辺の少額の取引はメールが来なかった)で、6月に164BRL(5,567円)と一昨日の156.9BRL(5,564円)の引き出しとなった。約11,000円の被害。
クレジットカードの数はできるだけ少なくし、利用明細はよく確認しましょう。


Jul 25, 2017

PT ファンモーター交換しました

PTのファンモーター、交換完了しました。
ショップには、ロータスセブンやフェラーリ・ディノ等ヨーロッパの旧いスポーツカーばかりがリフトに乗っており、場違いな気もしましたがお願いしてみるものですね。
ネットには載っておらず、メカニックは一人だけという時代遅れな感じのショップですが、「また何かあったら言ってくださいね」と言っていただけ、とても親しみを感じました。


Jul 5, 2017

PT ファンモーター交換


普段あまりエアコンを使わないので気づきませんでしたが、車のエアコン用のファンモーターが逝ってるみたいです。調べてみると、どうやらこの車の遺伝的な持病のようで、ちゃっかりサードパーティの強化対策モーターなども売っています。(amazon でも売ってるw)
ディーラーに頼むとファンのアッセンブリー丸ごと交換となり、工賃込みで10万円以上かかるようなので、自分でやってみようと思い、とりあえずモーターをポチり。(送料込みで1万円弱)
さて、ラジエター裏のファンを引っ張り出そうにも、フロンドグリルやラジエターガイドを取っただけではファンの取り付けネジにも届かない。1時間もすったもんだした挙句、諦めました!プロに任せよう。
ネットで、パーツ持ち込みで取り付け作業をしてくれる整備工場は色々でてきます。しかし、以前から気になっていた近所の整備工場にアポ無しで行ってみて、交渉してみるとすんなりOK。ピットが空いたら連絡をいただける事になりました。
ピットにはロータスヨーロッパなど旧車が5台ほど、何だか楽しみです。


Jun 21, 2017

Buell S1 にETC2.0 導入

ETC2.0を Buell S1に取り付けました。
ETC2.0はバイクに必要か?疑問が多く残りますが、2.0だけに助成金が出るというので、さっそく取り付けていただきました。

そもそも3週間ほど前に予約した時には助成金が出ることは告知されていなかったのですが、後日ショップから助成金が出るという連絡があり、ぜひ補助金を活用した方がいいのでは?ということで助成を受けられるよう日程をずらしました。

最初の予約には仕事の帰りに車で寄ったので、後日現車を確認しつつ設置場所を担当者とアレやコレやと話し合う事になりました。センサー等はフロントカウルの中に付けられるのですが、カードケース本体の設置場所に困りました。ネットで検索すると色々出て来るのですが、本当にここに入れてるのかな?という場所ばかりです。その場ではリアカウルの裏側の側面(ヒューズボックス近辺)にマジックテープで貼り付ける案を提案されましたが、落下の危険があるので当日までに自分で場所を決ることにしました。
で、考えついたのが、後方シリンダーとバッテリーの間の空間です。バッテリーを固定るす金属板のハーネスにETC本体を入れるケースを取り付ければ何とか設置できるのではないかと思いました。
で、試作です。ネットでカードケース本体のサイズを調べ、木を削ってダミーを作りケースを試作します。



ケースの背面にはスリーブをつけ、ハーネスを通してケースを固定できるようにしました。
ケース本体の落下防止のために、ホックのついたベルトをつけて完成。



ケース外側のコーデュラナイロンと裏地の間には、緩衝と断熱の願いを込めて3mmのペフを入れました。
どうでしょうか?なかなかイケてると思います。ケースのサイズ、取り付け場所、位置も思った通りです。


ショップの方は「こんなジャストなケースがあったんですね⁈」と驚いていましたが、自作だとお伝えすると輪をかけて驚いてました。
唯一の不安材料はエンジンの熱で不具合が起こらないか?ということです。走っていれば熱がこもる事は少ないと思いますが、渋滞時などは不安が残ります。ならバッテリーの側面に持ってきてはどうか?レギュレーター側の反対側。オイルラインが込み入っているが、何とかなりそうです。


心残りなのは、ケース底部に水抜き穴をつけておけばよかったのですが、大雨の中を走ることはまず無いと思いますので大丈夫でしょう。