Jun 19, 2018

浮世絵モダーン @町田市立国際版画美術館

新聞の美術館博物館の催事情報欄で、町田市立国際版画美術館で開館30周年記念浮世絵モダーン展 をやっていることを知りました。川瀬巴水、吉田博、伊東深水などの作品が展示されているようで、しかも期間が17日まで。「こりゃ行かなきゃ!」となり、早速行ってきました。
手前の棒状のモノはパンチングドール? 何の関連もなくシュールです。

この美術館は2度目の来館ですが、電車で3駅の近場の美術館に、でこんなにたくさんの好みの所蔵品があるとは知りませんでした。今後はもっと来館回数が増えていくと思います。

先日上村松園といっしょに勉強した伊東深水の版画も観られ、また、半年ほど前に行った吉田博展では観られなかった貴重な人物作品も鑑賞できたり、吉田と比較される川巴瀬水の作品(しかも殆んどが所蔵品)も大量に展示されており大満足でした。
吉田博の代表作 瀬戸内海集の帆船シリーズ

終了期日1日前ということか、かなりの来場者でしたが、都心の美術館などよりはゆったりと自分のペースで鑑賞することができました。

会場内は撮影可能な作品も何点か点在していましたが、いざ撮影しようとすると鏡に自分が映ってしまうのでやめました。しかし、こういう企画は来場者への良いサービスだとおもいます。

残念なのが図録が完売だったということ。増刷とかないのかな?

多くの出版元である渡邉木版美術画舗にも行ってみたい。

あ"っ‼︎ 10年ほど前に買い、放置プレイになっている Tom Killion の作品もいい加減に額装しなきゃw

Jun 5, 2018

ブラインド

先日、雑誌の某編集部の方が自宅に来ていただけました。来客のあるときは、家の中を大掃除並みに綺麗にするので、たまの来客は整理整頓のいい機会ですw

仕事をしていて、クライアントから「ぜひ仕事場を見せてください」「仕事場の写真を送ってください」等のご要望を稀に受ける事がありますが、ほとんどお断りしています。自宅兼用という事もありますが、なにせ古い家なのでボロ隠しが大変なのです。

で、今回の来客の前から予定していた事ですが、縁側の物置きの扉がどうも見栄えが良くなく、どうにかしようという事で変更案をいろいろ考えました。
変更するついでに、物置は片面が雨戸の戸袋となっているので、湿気が溜まりやすく、換気が手軽に出来るような「通気性のあるものにしたい」という条件がつきました。
最初に浮かんだのが「ブラインド」できれば木製がいいが、既製品でドンピシャの幅のモノがなかなか見つけられない。IKEA で買ったモノがドンピシャサイズで、自宅の他の場所で使っているが、廃番で在庫もない様子。
他の候補として、
「ロールブラインド」→ ペナペナ感がイマイチ合わない
「断熱性のある折りたたみ式パタパタブラインド」→ サイズが合わない
「カーテン」はありえない。どうしたものか、、、
こうなったら、今ある扉の上から新しい板を打ち付けて見栄えだけ良しとするか?
または、木製ブラインドのサイズオーダーをするのか?
灯台下暗し! amazon.co.jp で見つけたのがコレ。ブラインド自体は PVC というからビニール。実物を見てみないと何とも言えないけれど、安いからとポチり。
届いたブラインドは、羽の厚みは1mmぐらいで、アルミのようにそれなりのコシもあり、ヒモの引き上げは木製より軽く、当然サイズもジャストです。
換気も手軽に出来、とても満足しています。
交換前 モザイクを入れたいぐらい劣化してます

交換後 見違えるほどいい感じです

May 13, 2018

ウェイファーラー MAX1 バカ


悲しいかな眼鏡をせずに仕事ができないようになりました。
前職の頃は乱視矯正がメインでしたが、歳とともに老化が進み、今は老眼鏡ナシでは仕事ができません。
前職の頃かけていた眼鏡は 999.9(フォーナインズ) の E-410
細身のデザインとヒンジ周りのセルのデザイン、999.9 特有の形状のヒンジがついていないところと、マットの黒という色も気に入っていました。


999.9 E-410

歳とともに老眼が入ってきて、レンズだけ入れ直そうと思いましたが、気分転換に新調することにしました。しかし、どこの眼鏡屋さんに行っても、なかなか気に入ったフレームがありません。セルフレームにしたいのですが、セルの素材が安っぽい素材に見えてしまうのは何故なのか?特に中国製のセルフレームは100円ショップのプラスティック素材のような質感で、どうも気に入りません。

昔持っていたボシュロム社の Ray-Ban Wayfarer のレンズを入れ直そうかと思い、取り出してみると、はやり素材が良い!セルロイド?ザイロナイト?よく分かりませんが、やっぱり昔の素材はとてもいい味わいがあり、品番もプリントではなく刻印されており、重厚感さえ感じてしまいます。
しかし、ウェイファーラーはデカイし5022(レンズ横幅 50mm  鼻幅 22mm)でも、自分のような「顔の平たい族」には鼻からズリ落ち気味なので、仕事には向かなそう。
で、ebay で見つけたのが Styl-Rite optics 社のヴィンテージフレーム。
 48-19 というサイズと、今までかけていた 999.9 E-410 と似た細身のシルエットが気に入り、眼鏡市場さんに持ち込みレンズを入れていただきました。


Styl-Rite 品番不明


Styl-Rite はとても気に入り、5年ほど使っていましたが、そろそろ他の眼鏡も気になってきました。
Pathway や Romco なども手に入れましたが、どうもピンと来ない。 
で、見つけてしまったのが Bausch & Lomb 社の Wayfarer MAX1 
詳細は詳しくありませんが、20年ぐらい前に少数生産されていた商品のようです。
MAX シリーズにはMAX、MAX1、MAX Ⅱ、等があるようですが、MAX1 が1番細身(横長)でバランスが良く見えます。ちなみにMAX1のレンズサイズは横 50mm 縦 40mm(フレーム含まず) です。フレームの色も2色あり、黒はw1269  茶はw1270 です。
w1269を購入し、調整の必要な箇所を修理していただき、レンズを入れると、、、追い求めていた眼鏡が出来ました。とても満足しています。


w1269

こうなると茶色のw1270も欲しくなってしまうのが悪い癖です。

程なくしてw1270 ととても状態の良いw1269が手元に届いてしまいましたw。



イタリアから届いたw1270 要リペア又はスペアパーツ用として売られていました
w1270は要修理品という状態でしたので、修理を見積もっていただいたら、25,000円!→ 暫く放置です。



ドイツから届いたとても状態の良いw1269 当時のケースも付属していました
w1269は未使用に近い状態なので、家宝に認定ですw


テンプル内側の品番の刻印 w1270には入っていませんでした(摩耗かな?)

Apr 23, 2018

Domio Sports レビュー


Domio sports 購入までの経緯はこちらから

先日、オートバイで高速道路を使った遠出をする機会がありましたので、ドミオを早速試してみました。

オートバイ  Bell S1(スーパートラップ ディスク8枚 音大きめ)
ヘルメット  ノーブランド ジェット

自分のiPhoneとドミオのリンクは瞬時です。
ヘルメットを被る前からズンズン音がしており、期待感が高まります。
ヘルメットを被り、オートバイを発進させると、、、オートバイの音で音楽は聞こえづらくなってしまいましたwww
ドミオのボリュームをMaxまで上げると許容範囲で音楽を楽しめますが、ナビ音声は聞こえません。
しかし高速道路に入ると、、、、音楽も全く聞こえなくなりました_| ̄|〇
ヘルメットがジェットであり、シールド等の風切り音が激しい事と、
国内メーカーのようなフィット感の良い内装ではなく、ひと昔前の外国メーカーのヘルメットなので、風切り音や外部からの音はあまり遮断できず素通しな感じ。
80km/h 走行ぐらいだと、風切り音が減り、何とか音楽の識別ができる程度にはなりますが、120km/h ぐらいになるとリズムだけ感じ取れるが、音楽を楽しめるレベルでは無い。
もちろんナビの音声は全く聞こえません。
復路は300kmを時速120km巡航するので使うことをやめましたw
バッテリーの持ちは往路で3時間使い、すぐに充電してしまったのでなんとも言えませんが、3時間使っても「レベルHi」だったと思いますので、まずますではないでしょうか。

今回はちょっと残念な結果となってしまいましたが、市街地をフルフェイスヘルメットで、ジェントルなバイクで走るなら十分活躍してもらえるでしょう。
フルフェイスのヘルメットでのレビューに期待したいところです。
スキー、スノーボード、BMXなどで使う分には全く問題ないと思います。

Apr 12, 2018

Domio sports


Domio sports 
ネットで偶然コレを発見。
ヘルメットなどに取り付ければ、ヘルメット自体を振動させスピーカーのようにしてしまうデバイス。当然ブルートゥースでペアリングできる。
素敵すぎるので大元の会社のストアでポチり。何と送料無料!
しかし、2週間しても発送通知など全くなし。「どうなってんの?船便?トラッキングナンバーあるなら教えて。」とメールしても「この掲示板に書き込んでよ」なメールが来ただけで内容に関しての連絡なし。
1か月程して突然「日本には送れないや、ごめんなさいね。」と連絡があり全額返金。
ビックリしたけど、商品はステキなので、最初に見つけたサイト(Huckberry.com)にてポチリ。$10ほど高くなったけれど、クロスで考えればそんなに高い買い物じゃないし、、。
で、2週間で到着。

実物を手にするまでは、ヘルメットの発泡スチロールなどの緩衝材で音はだいぶ小さくなってしまうのではないか?と不安だったけれど、意外によく聞こえる。骨伝導と同じの仕組みだと思うので、音漏れはかなりあるけど、オートバイに乗ってれば気にする人もいないでしょう。
ペアリングが成功すると青く点滅します



箱の中は本体と、取り付け用アタッチメント2つ、充電ケーブル、落下防止のゴム2本、収納袋と簡単な取説

頭頂部と後頭部の中間ぐらいに取り付けました

本体裏側 丸い部分が振動部分


ヘルメットにアタッチメントを接着する前に、どの位置が1番いいのか調べるために、ヘルメットを被り、アチコチ当ててみました。頭頂部か側頭部を推奨していますが、個人的には頭頂部から後頭部の間ぐらいが音質も左右のバランスも良いと思いました。側頭部は左右のバランスが悪く、気持ち悪くなりそうです。(当然ステレオではありません)が、思っていたより音質が良く満足しています。フルフェイスのヘルメットだと、もっと良く聞こえるのかな?
全体にもう少しコンパクトになればもっといいな。ヘルメットへの取り付け部分は、シリコン製の吸盤のようになっており、それなりに吸着性はありそうだけど、本体はヘルメットに沿うような曲面になっていないので、横から見ると少し残念。


Huckberry.comから購入したので、サンキューカードや返品等の注意書きがオシャレ
特にイェティのミニステッカーと特注のゼムクリップにはヤラレタw 





ルーム と 英国王のスピーチ


映画を2本観ました。
2本ともアカデミー賞を受賞した作品です。



「ルーム」
デビッド・フィンチャー×ジョディ・フォスターの「パニックルーム」がトラウマとなり、単なる監禁部屋から脱出できてよかったねモノかと思ったらとんでもない、素晴らしい作品でした。
大きく分けて2部構成となり、前半はママとジャック(息子)の監禁状態、後半は脱出後の物語ですが、「脱出できてよかったね」で終わらず、その後が本編のキモ。

脱出後、7年ぶりに会う両親は既に離婚していたことにママは複雑な心境になる。
ジャックの父親は、監禁の加害者であるということから、監禁中に産まれたジャックを受け入れる事ができずに悩むママの父。
脱出に成功し、無限の世界に飛び出せたジャックだが、5歳にして全てが初めての体験なので、全ての生活に馴染めない。
TVインタビュアーからの心無い質問に心を痛めてしまうママ。
入院したママを思い遣るジャックの優しさ。
などなど、見所はたくさんです。
監禁と脱出を、束縛と自由という視点に置き換えると、自由にはそれなりの厳しさがつきまとうものだと考えさせられた。

ジャック1人で脱出し、警官に保護されてから母親の居場所(監禁場所)を見つけるまでの、警官の機転の利かせるシーンがとてもスリリングでした。

それにしても、新しい世界にすこしづつ順応していくジャックの演技が素晴らしすぎる!(初めて電話で話すシーンは人影で正面から撮れてなかったけれど、それがかえって演技ではない初々しさが感じ取れた)


「英国王のスピーチ」
吃音持ちのジョージ6世がオーストラリア人の言語療法士とぶつかり合いつつ友情を育み、一世一代のスピーチを成功させるという実話の映画化。
だけど、この一世一代のスピーチとは、ドイツへの宣戦布告の宣言。これから戦争だ!というのに、吃音を克服しつつ大仕事をやり遂げ、祝福に包まれたような雰囲気でエンディングに向かうのに、とても違和感を感じてしまうのは、敗戦国民であることからくる心境なのか?

Feb 1, 2018

iPhone バッテリー交換

自分が3年以上使っている iPhone6、OSを11に上げた途端に動作が鈍くなり、電池の消耗も激しくなりました。coconutsBattery というソフトで診てみると充電回数は 800回(ネットでは600回が限界値とか?)を超えており、そろそろ買い替えか?と思っていたところ、アップルからバッテリー問題が勃発!
自分も当事者であることが判明し、俄然とヤル気が出てきましたw
アップルのHPで予約し、イザ、表参道のアップルストアへ!

最初に解析ソフトを使い、ブルートゥース経由でバッテリーの診断をされました。診断結果のグラフを見て「まだ交換する状態には至っていない」と予想外の判断。
でも、寝る前に90%だったバッテリーが朝起きると15%になっている症状や、プッシュ通知、アプリのバックグランド更新、OSなどの自動ダウンロードをOFFにし、省エネな使い方をしている事を説明するも、「変なソフトが悪さをしているかもしれない」と食い下がるw  (もしかし安易にバッテリー交換をさせないようにしているのではないか?と疑心暗鬼になる、、。)一旦工場出荷状態に初期化して、バックアップから復元せずに、新しいiPhoneとしてもう一度設定して使ってみてくれと言われてしまった。何とも気の遠くなる事かw 結局その日はそのまま持ち帰る事になりました。
工場出荷状態に戻し、敢えて再設定はせずに一晩過ごしてみたら、、、翌朝のバッテリーは残量は15% やっぱりバッテリーじゃないか!!

で、今度は車で20分ほどで行ける、ららぽーと横浜にあるアップル認定ショップに予約を入れました。
表参道と同じように解析ソフトでバッテリーの診断をされました。当たり前だけど、結果は同じような結果のグラフです。でも充電回数などを踏まえ、バッテリー交換したほうがいいとの判断になりました。
代金 3,456円。所要時間30分ほど、行ったその場で交換してもらえたので助かりました。
バッテリーの減り具合は当たり前だけど普通に良くなりましたし、動作速度もiPhone6 本来の速さに戻りました。

バッテリー交換後は当たり前ですが充電回数は0
交換前の解析 充電回数は800回を超えています