Aug 31, 2007

アメリカ一人旅その3


ミラーでパトカーを確認してはいるものの、映画のようにすぐにサイレンを鳴らしません。しかもパトカーには1人しか乗っていない。ちょっとテンション低くなるなぁ、、。1〜2分後にようやくサイレン、と「停まれ!」のアナウンス。待ってましたとばかりに車をゆっくり車道の端に停めました。こんな機会は滅多に無いとばかりにルームミラー越しにパトカーの写真を撮りたかったが、、、お決まりとして、警官に見えるよう両手はハンドルの上に出して置き、その後の指示を待ちます。葉巻を奥歯で噛みながら、茄子型レイバンをかけた太っちょポリスが面倒臭そうにゆっくり出て来るかと思ったら、、、なかなか出てきません。やっと出てきたポリスはヒョロヒョロのそばかす混じりのお兄さん。 「30mphの速度違反だ!外に出ろ」と言われ、従うと「免許を出せ」国際免許を出すと「何だこりゃ?」と言う。パスポートを出すと「分った分った」とうなずき、無線で交信。車のライセンスプレートもチェックされる。レンタカーの契約書類も見せ、盗難車でない事も確認。一通りの事務処理を終えると暫し無言、、、、、、、。 どうやら無線でボクの処遇をどうするか聞いていたようだ。暫くすると無線が入りどうやら処遇が決まったようだ。「日本ではこういう時はどうなる?」「えーっと$300ほどの罰金を払います、、。」「そうだろ!この国でも同じだぞ。でも今回は無かった事にしてやる。旅行中か?これからはスピードを出すなよ」(モチロン英語でのやりとりです。)と幸か不幸かすぐ釈放。兄さんはとっとと帰ってしまった。こんな事なら記念撮影でもしておけばよかったなぁ、、。 写真は、田舎に行くと定番ですね。ピストルの練習に使われた標識です。 銃天国USA!

No comments: