Feb 17, 2017

素押し機(改改)

長年使っていた素押し機は、レザークラフト界で一般的な、ハンドプレスを改造したものでした。


しかし、既製品の厚みのある物への素押し加工には不向きで、無理やり押し込んで作業をしていました。
「箔押し機」という正統派な機械もあるのですが、少ない需要のためにわざわざ買う気にもなれませんでした。(一応、箔押し用に1台買ったのですが、高さの調節はあまりできなく、調節操作も猥雑なので厚物には不向きでした)

別件で、コバ磨き用のスリッカー(木製で円形のコバ磨き用の道具)をベンチグラインダーに取り付けるため、スリッカーの中心に垂直にシャフト径の穴を開けるための、垂直ドリルホルダーを購入しました。
しかし、自分の持っているドリルドライバーがホルダーの径に合っていなかったので使い物になりませんでしたwww 自分のミスなので仕方ありませんが、何かに使えないか?と考えていると、、、!懸案で合った素押し機として使うことを思いつきました。しかも、課題となっている「高さ」も容易に変更できるので、厚物への対応も容易に出来そうです。もしかしたら、固定ヴァイスも利用できるかも???
さっそく作ってみます、、。クランプ部分をワッシャーで挟み、ワッシャーに貫通させたシャフフトを固定し、そこに巣押しの版を着ける板を取り付け、あとはヒーターの配線だけ。


今までなぜ思い付かなかったのかと思うぐらい、簡単に、しかも完成度の高い素押し機ができました。

No comments: