Apr 16, 2016

「サウルの息子」を観てきました

アカデミー外国語映画賞映画「サウルの息子」を観てきました。
「すごい映画を観てしまった」「疲れた、、、。」というのが見終わった後の感想です。

予告が終わり、本編が始まると、、、普通はスクリーンが左右に広がりますが、この映画は逆に狭くなります。3:4ぐらいのアナログテレビのような比率です。
しかも最初から最後までほとんど主人公サウルの顔のアップばかり映すので、カメラが振り回されると酔ってしまいそうです。
また、背景はボヤけていて、背後で行われていることがはっきり映し出されないので、見えない部分で一体何が行われているのか観る人のイマジネーションをかきたてます。
しかも会話がとても少なく、主人公サウルの息遣いや、周りでしゃべる人たちの囁き声、機械音ばかりが聞こえてきます。ナチのしゃべるドイツ語の訳は字幕には乗らず、ユダヤ人のゾンダーコマンドたちは一体何をしようとしているのかというストーリーを追うのも大変です。
あらゆるものを想像しながら観続けなければいけないので大変疲れます。

映画評論家の町山さんが良いことをおっしゃってました。「この映画は主人公になりきる体験型映画」だと。
まさに、すべての観客者がユダヤ人のゾンダーコマンドになった気分になります。
下記にネタバレを含む解説が載っていますので、参考まで。
https://youtu.be/6u6l9W51QuQ

Apr 12, 2016

New Balance 990 ソール 張り替え

朝起きて直ぐにウォーキングを始めて2ヶ月近く経ちました。健康に良いからという動機ではなく、家に篭りっきりな仕事なので、散歩程度にと思い、始めてみただけです。
すると、1ヶ月後にズボンがゆるくなりはじめたのに気付き、体重は3Kgほど減っていました。
毎週末にガチで対戦するフットサルを続けており、自分では太っているとは思っていない程度の体格でしたが、落ちるとことはまだあるんですね、、。
ちなみに、ウォーキングとはいっても、かなりの早さで歩きます。骨盤を立てて、胸を張り、腕をよく振って歩きます。毎回コースは同じで、約4Km弱を30分ほどで歩きます。最初の頃はお尻の下の筋肉痛があり、家に戻ると汗だくです。
最近読んだ雑誌ターザンで、ウォーキングの特集が載っており、緩急をつけたインターバルウォーキングが良いとのことでした。そこで推奨されていたのが3分間ずつの緩急ウォーキング。緩は時速6kmほど、急は時速8kmとあります。時速8kmはかなり早いです!1kmペースで7分30秒ほどになりますが、走り出す寸前の競歩選手のような歩き方で、もしかしたら走るよりキツイかも?
インターバルウォーキングを3分前後でセレクトした曲を聴きながら続けています。

で最近発生したのが、ルーティーンで履いているスニーカー「New Balance 990」の加水分解です。
シューグーで埋めちゃおうかと思いましたが、ニューバランスではソールの張り替えサービスがある事を思い出しました。ネットで調べると、型番は限られますが、8000前後で張り替えていただけるそうです♡ また、ヒール回りのライニングも直してくれるとか、、、期待が高まります。

早速電話し、「990」という型番を告げると、、、「リペア用のソールが用意できていない、、、」ということで修理対象外でした_| ̄|〇 残念!
控えめな N がお気に入りです。
ウレタンソールにはお決まりの加水分解